東京のイケテルお店事情

最近は、様々な電化製品が発売されています。どれも生活を便利にするものばかりです。新しい製品が発売されるたびに、欲しくなりますが、電化製品というのは当然ですが、使用すると消費電力が増えてしまいます。

 

電気というのは、タダではありません。だからこそ、電気代は安く抑えたいのですが、新しい電化製品が発売されると購入して使いたくなる、というジレンマを抱えてしまいます。そうした悩みを解消する一番の方法が、太陽光発電システムを家庭に導入することです。これを、家庭に設置すると、その太陽光によって作られた電気は、すべてその家庭で使うことができるようになります。

 

つまりは、電気を電力会社から購入する必要がなくなるというわけなのです。ということは、いくら電気を使っても、無料ということになります。これなら、電気代を気にすることなく、いくらでも電気を使用することができるのです。しかも、太陽光発電というのは、発電するのに燃料は必要ありません。火力発電ならば、燃やすための燃料に石油や天然ガスなどを購入する必要があります。

 

しかし、太陽光発電は、燃料が太陽光なのです。太陽光は、お金を出して購入するものではなく、無料で空から降り注いでいるのです。こうした無料の太陽光という燃料を利用して発電するために、燃料代は一切必要ないのです。

 

 

 

一度、太陽光発電システムを家庭に設置してしまえば、無料の燃料を使って、電気を作ることができるのです。これのおかげで新しい電化製品も電気消費を気にすることなく使うことができるのです。

 

 

続きを読む≫ 2013/05/13 15:40:13 太陽光

うなぎは夏バテ防止の食事としてとても日本人にとって人気の料理の一つですが、最近ではうなぎの値段があがり、かなりの高級食材となってしまいました。その高級食材であるうなぎをなぜ土用の丑の日に食べるようになったのでしょうか。それには幾つかの由来があるのですが、特に有名なのが平賀源内の説です。売り上げに伸び悩んでいたうなぎ屋さんが平賀源内にどのようにしたら夏にもうなぎを売ることができるか相談に行った事から始まるのです。

 

相談された平賀源内はお店の店先に「本日丑の日」と書いた張り紙を出すことを提案したところ、そのうなぎ屋さんは大繁盛になり、他のうなぎ屋さんもそれを真似るようになり、土用の丑の日にはうなぎを食べるという習慣が定着したのです。つまり、うなぎは夏が旬では無いのです。旬では無いため、夏になるとうなぎ屋さんが儲からなくなり、困っていたのです。夏には穴子が旬ですので、うなぎが高くなってしまった今では穴子をうなぎのように見せかけて販売しているスーパーマーケットも沢山あります。

 

また、ブタのばら肉を蒲焼のようにして売っているお店もあるようです。漁獲高が年々減少しており、うなぎの値段が彷彿して、ますます庶民から離れていってしまっていますが、また安くなるといいですね。うなぎはいつも高級食材というわけではなく、うなぎにも相場があり、国産のうなぎでも一キロ800円から1000円くらいの時もあったのです。またそのくらいの相場になって、食卓に並ぶ日が来ると良いですね。

続きを読む≫ 2013/03/19 17:27:19 飲食店