不用品回収

本やCD、着なくなった洋服、履かなくなった靴、買ったけれども使わなかった運動用具やダイエット商品。不要なものがあなたの押し入れに沢山眠っていないでしょうか。

 

 

 

スペースはお金です。もしいつもスペースがなくて困っているようであれば、その不要なものを処理しただけでかなりすっきりすることは自明の理です。でも捨てるのももったいないのよね、ということであれば、寄付をするというアイディアはいかがでしょうか。

 

 

 

当然しっかり写真をとったりそれなりにキレイに整えればオークションなどで売るという選択肢もあります。でもそこまでしたくない、面倒だし、もし出品しても購入希望者がいるか分からない、確かにそれも事実です。

 

 

 

それらの不要物をまったくのゴミにするのも嫌で、しかも売る程の準備もできないというのであったら、寄付というのはどうでしょうか。

 

 

 

それぞれの物に適した寄付する場所や施設、団体などはあるでしょうが、まったくの無にしてしまうのがもったいないというのであれば、送料がかかったとしても寄付をしたほうが心の負担はすくなくて済みそうです。

 

 

 

また寄付された方も、もちろんお金ほど万能ではないですが、その資源を適した場所で再利用することに尽力してくれることでしょう。自分にはもう不要となったものが誰かの役にたつということだけでなんとなく救われるし、自分のムダな買い物を戒めることにも繋がることでしょう。まだ使えるもの、とくに新品であれば喜んで使う方も沢山いるのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2013/03/18 10:34:18

本を買い取ってもらうには色々な方法があります。自宅まで回収に来てくれるサービスもあるし、自分で店舗に持ちこむ方法、そして自分でオークションに出す方法もあります。

 

 

 

ときには値段がつかないことがありますが、不要になっている本、また自宅のかなりのスペースを本が占めていて、なにかしら問題がでているようであれば、そのまま引き取ってもらってもいいでしょう。

 

 

 

捨てるよりはずっといいです。また近所に図書館が合ったら寄贈してもいいですね。古い本ですと値段がつかないこともあるし、むしろ古いからこそかなりの価値があるということもあります。

 

 

 

まずは処理するまえに確実に価値があるのかないのかを見極める事が必要になります。素人では見抜けないけれど、玄人には確実に価値がある本というのがなかにはありますしすでに絶版になっているものであって、それなりの読者層やマニアがついている本や雑誌などもあります。

 

 

 

保存状態がよくないから日焼けしてしまった、しみがついている、落書きがあるというようなものでも希少本なら値段がつくことがあります。これはもしかしたら、と思ったら、そうしたところに持ち込んでみることをおすすめします。

 

 

 

昔の雑誌を処分して部屋をきれいにする前に、引っ越しでいろいろなものを捨てる前に、まずはしっかり本の価値を見極めて売れるものは高値で買い取ってもらいましょう。みすみす価値のあるもの、本や雑誌、歴史的価値のあるものを捨てる必要はありません。

続きを読む≫ 2013/02/21 10:32:21

着なくなった洋服、自分には不要な家具、またはおもちゃなど、もう自分には、また家族には必要はないけれど捨てるのももったいないというものはあります。もし捨ててしまう場合は、処理は早いけれどももしかしたらもっとよい方法で処理できたかもしれない、となんとなく後悔が残ってしまうことも。

 

 

 

そのような場合は、ボランティア団体などで引き取って貰えないか一言尋ねるといいでしょう。もしいまは回収していないというのであれば、その時には捨てればいいですし、もし回収して発展途上国、また何らかの資源として使われるのであれば廃棄処分よりより有効な方法になり得ます。

 

 

 

もしかして送料はこちら負担で、捨てた方が安く済むこともあるかもしれませんが、それでもせっかくの資源ですからムダにしないようにしてください。発展途上国の子供などが、日本の学校の名前の入ったジャージなどを着ているのをテレビなどで見た事はないでしょうか。

 

 

 

そうした日本で不要になっているものが他の国で役立つこともあるということです。また他の方法で廃棄物を資源化することも最近の技術では可能になってきていますから、ゴミをゴミでなくするための努力は個人レベルで必要になってきていることを改めて痛感します。

 

 

 

ボランティア精神も満足、また勿体ないという心残りもなくしっかりとそうした不要物を資源とすることができますので、なんとなく心が軽くなる気がしますね。ボランティア団体に問い合わせ、どのような方法で回収してもらえるのか聞いてみましょう。

 

 

続きを読む≫ 2013/01/19 10:31:19

実際にオークションではなんでも売られています。ほとんどタダ同然でも、捨てるよりはいいか、というような感覚で出品している人も多いですし、その冗談のような値段につられて購入の希望を出している人も多いです。

 

 

 

実際にどこにどのような市場があるのか、そして購買層がいるのかはわからないもの。送料の負担はありますが、なにかを探しているユーザー、一般の市場には出回っていないものを探しているユーザーにとってはオークション市場は宝の山ともいえるものです。

 

 

 

また一般には理解しえないものも取引されていて、かなりマニアックな人向けもあるし、そうした購買層にフォーカスしているネットショップなどもあります。もしこれは捨てるのはもったいないという商品があれば、インターネットなどのオークションで出品することも考えましょう。

 

 

 

出品のアカウントを作ることは簡単ですし、意外に高値で買い取るという人がでてきてもおかしくはありません。ただし、そうして商品として売るからには、売った後はすべてその購入者のものになります。

 

 

 

その購入者がどのようにその商品を使ったからといって、もうその人のものである以上は、もう自分の権限で使用法を制限したり、但し書きを付けることはできません。とくに記憶媒体などを売るときは気を付けたほうがいいでしょう。

 

 

 

もし心配な場合は、売るまえに完全、また適切な処理を施して一切危険がない状態にするべきでしょう。オークションで売るのは便利ですが、それなりにリスクもあるので、デメリットを理解した上で利用するのが大事でしょう。

続きを読む≫ 2012/12/24 10:30:24

いまはなんでもリサイクル業者が無料で引き取ってくれるので便利になりました。実際に自分は不要になってしまったものでも、それを必要としている人は確実に存在するものですし、精密機械や車であったりすれば、その部品がかなりの価値を生み出すことがありますので、ただのゴミとして捨ててしまう前に、いちおうリサイクル業者が買い取ってくれるかどうかを調べてから捨てても遅くはないでしょう。

 

 

 

もし多少でもキャッシュバックがあれば、新たなものを購入するときの購入費の一部にすることだってできるでしょう。

 

 

 

またリサイクル品でもこんなものが売れる訳がないというようなものが、意外に価値があったりするので、なんでもいちおう聞いてみましょう。部品的なものが価値がある場合、なにかのパーツを求めている人が全国、または世界のどこかにいるかもしれないのですから。

 

 

 

こうしたリサイクルは日本の資源だけではなく、世界のどこかの人を救うことができるかもしれません。捨てる、廃棄するほうが実際は手間がかからないで早い場合もあるし、時間に追われている人であったら、リサイクルにだしてもどうせ数千円くらいなら、時間のほうが惜しい、と考える人がいても当然です。

 

 

 

しかしそうした心がけが思わぬ環境の保全やムダをなくすこと、もしくは資源の再利用に繋がることがあります。ちょっとした物でも、もしかしたら価値があるかもしれないということだけは念頭に置いておくといいかもしれませんね。

 

 

続きを読む≫ 2012/11/21 10:28:21

不用品回収は、個人向けばかりでなく法人向けにもサービスがされています。
とくに、オフィス用品回収廃棄は、自分たちの手では難しく、やはり、専門のプロに任せるのがいいようです。

 

 

 

オフィスの改装、オフィスの引越しなどに伴う不用品などは、まさにさまざまです。
、たとえば、椅子、デスク、書棚などのオフィス家具などの処分は、大量であるために、廃棄物処理業者へ依頼するのがいいでしょう。

 

 

 

業者のほうで引き取りに来てくれて、運搬、廃棄処理、その後のリサイクルまで対応してくれるので、手間がかからずとても便利です。

 

 

 

大手企業であればオフィス用品などリースを利用していることが多いので、リース会社が対応してくれるので問題ありません。

 

しかし、中小企業などリースを使わず自前で購入している企業では、購入したパソコンメーカーへ回収の依頼をする必要があります。

 

 

 

PCリサイクルマークがあるパソコンは料金は不要です。

 

 

 

資源を有効活用するには、最適な処理の方法だと思います。

続きを読む≫ 2012/06/24 15:52:24

牛乳パックの回収や缶コーヒーを潰してから回収するなどの、エコ活動は以前からありました。

 

 

 

しかし、ここ数年のエコ活動は以前にも増して熱を帯びています。

 

 

 

エコバックを利用したり、デパートの過剰包装などを簡素化したりなどの活動が盛んです。
静かだったエコ活動がいまでは、社会環境を変えるほどの威力を発揮しはじめています。

 

 

 

たとえば、コンビニの大々的な進出により、使用される各商品の容器などもリサイクルの対象になっています。
コンビニ人口が増加していることからも、ますますリサイクル活動は増えていくのだろうと思います。

 

 

 

その一環として粗大ごみの回収をしている、廃棄物処理業などがあげられます。
粗大ごみを回収、搬送するだけでなく、粗大ごみの処理やリサイクルまで手がけていることで、これからの成長産業として注目されています。

 

 

 

社会生活が変化するとともに、リサイクル活動も変化してきています。
そして、エコ活動を加えることで、ますます地球環境にやさしいありかたが、見えてくるような気がしています。

 

続きを読む≫ 2012/06/11 15:51:11

廃品回収業者をいざ探すとなると、あなたはどういった方法で探しますか?!街のタウンページを使って探す人もいるでしょう。
しかし、インターネットで不用品回収業者を探すのも悪くはありません。

 

 

 

複数の業者を比較することが簡単ですし、ホームページには、料金などのページも掲載されているはずですので、電話で問い合わせるにしても、あらかじめ情報を手にすることが可能です。

 

 

 

業者に相談するにもある程度、業者のことを調べてから電話をするのがいいでしょう。

 

 

 

街でたまにみかけるスピーカーを鳴らしながら走っている廃品回収業者を見かけますが、案外必要なときには走っていないものです。

 

 

 

そんなときはいつでも探せるインターネットで探して見ましょう。
スピーカーで走っている業者には、認可の下りている業者もいますが、なかには不法で走っている業者もあるので、なにも情報がないまま依頼するのはどうかと思います。

 

 

 

とりあえずホームページやインターネットで調査してから業者を決めても遅くないと思います。

続きを読む≫ 2012/05/27 15:50:27

引越しは引越し業者、不用品は不用品回収業者に依頼する人が多いと思います。

 

 

 

しかし、この二つのサービスを一度に対処してくれる業者も出てきています。

 

 

 

それぞれに依頼すると高額になりますが、一緒に依頼することで割引を行なう業者もあるのです。

 

引越しするついでに不要なものを捨てたいと思う人もいるはずです。

 

古くなったエアコンや冷蔵庫など、新しい新居にもって行きたくないという人もいます。

 

 

 

だからといって忙しい引越し前後に自分で処分するのも億劫なものです。

 

そこで不用品回収と引越しを同時に行なう業者がいま、注目されているのです。

 

 

 

エアコンの取り外しなどもまとめて行なってくれるので、なにかと便利に使えます。

 

しかも、引越し後の部屋の掃除のサービスまで料金に含まれている業者もあるのです。

 

 

 

もちろん、バス、トイレの清掃にも対応してくれます。
こんなに便利なサービスだけに、引越しシーズンには早めの予約を入れておいたほうがよさそうです。

 

続きを読む≫ 2012/05/13 15:49:13

部屋からでる不用品の処分は、けっこう大変です。
衣類やジャーなどの小さいものであれば、なんということもありませんが、冷蔵庫、洗濯機、テレビなどの片付けは手間がかかるものです。

 

 

 

市町村の粗大ごみに回収に来てもらうことも可能ですが、上記のような電化製品は扱っていません。

 

 

 

そのため、処分するには、廃棄物処理業者に依頼する必要があります。
自分で処分をする人もいますが、時間と手間を考えると少々料金がかかっても、仕方ないと思っている人もいます。

 

 

 

業者に依頼する場合には、スタッフの1人あたりの作業時間、不用品のボリュームで料金が変わります。
それから業者によっては出張費を請求するところもあります。

 

 

 

料金は業者にもよりますが、1名のスタッフが1DKを担当する場合には、およそ6万円〜8万円、2名の場合だとその2倍はするようです。

 

 

 

部屋のなかにあるものを一括でまとめて処分してもらえるものの、けっこうなお値段であることは間違いありません。

 

続きを読む≫ 2012/04/30 15:48:30

廃棄物処理業とは、最初、不用品や産業廃棄物の運搬だけ行なうものと思っていたら、その後の処理まで請け負っていることが分かりました。

 

 

 

正式には、産業廃棄物収集運搬業と産業廃棄物処分業の二つの事業を併せて「産業廃棄物処理業」といわれています。

 

 

 

最近では、不用品回収業者とのトラブルが多くなっているようですが、上記のような資格のない不法業者もなりを潜めているので、そんな不用品回収業者へ当たらないようにすることが大事です。

 

 

 

廃棄物処理といっても収集運搬からその後の処理やリサイクルまで扱う場合もあるために、なにも考えないでただ回収にだけ走るような業者とは、一線を画したいものです。

 

 

 

同じような料金を払うのであれば、きちんとした廃棄物処理業へ依頼したいと思うのが当然です。

 

 

 

また、認可のない不法業者は、ぼったくりが目当てで事業を行なっている場合があるために、自治体のホームページなどで認可のある会社かどうか確認するようにしましょう。

続きを読む≫ 2012/04/15 15:47:15

有料で他人の不用品回収をするには、自治体からの認可が必要です。
自分のものであればともかく、人さまの不用品を扱い利益を得るわけですから、不用品に関するプロでなければなりません。

 

 

 

不用品回収は、ただ単に回収すればいいという問題ではないからです。

 

 

 

産業廃棄物を無害化したり、回収したものをリサイクルしたりなどの、中間処理から最終処分にまで対応する必要があるからです。

 

 

 

認可がおりない業者は、この回収後の処理を怠るところが少なくありません。

 

不法投棄に走る業者もなかにはいるのです。

 

 

 

だから、不用品回収業者に依頼するときには、廃棄物処理業の認可があるかどうかを確認することをおすすめします。
不用品回収業者は、上記のような回収後の処理もしっかりしていますが、引き取りに行く荷物の搬送などにも慣れているために、冷蔵庫やたんす、洗濯機など、重いものを持つことが大変な人には、とても便利につかえます。

 

 

 

取り扱いを心得た業者に依頼するのも一つの方法です。

続きを読む≫ 2012/03/30 03:46:30

引越しや大掃除ででる不用品は、自分でなんとかする人もいると思いますが、年末の忙しいときや、引越し先でもいろいろな手続きがあるために、手間ひまかけていられない、という人も多くいます。

 

 

 

そんなときによく利用されるのが、不用品回収業者です。

 

でも便利な不用品回収業者はどのように探せばいいのでしょう?!タウンページで探してみたくなりそうですが、ここはインターネットの利点を生かしてネット検索で探すのもおすすめです。

 

 

 

こんなに多いの?!っていうくらいに不用品回収業者の数はあります。

 

 

 

どこに頼めばいいのかわらかないときは、「不用品回収業者 口コミ 評判」で検索してもけっこう出てきます。

 

タウンページだけでは、分からない料金やサービス内容が分かるので、業者のホームページなどをいろいろ比較してから決めるのもいいでしょう。

 

 

 

しかし、気をつけたいのは、不法で不用品回収を行なっている業者がいるということです。

 

 

 

きちんと、廃棄物処理業の認可を受けている業者かどうかを確認することをおすすめします。

 

 

続きを読む≫ 2012/03/15 15:43:15

デスクや洋服ダンス、冷蔵庫、テレビなど大きな粗大ごみがあると、なかなか処分しずらいものです。10年まえくらいには、パソコンやテレビも自治体の粗大ごみで処分できていました。

 

 

 

しかし、最近では、パソコン、テレビをはじめ冷蔵庫、エアコンなどは自治体では引き取ってくれなくなりました。そのため、上記のような電化製品は、パソコンであれば、購入したメーカーへ回収依頼をし、その他の電化製品は、クリーンセンターなどへ自分で持っていくか、不用品回収業者へ依頼するしかないのです。

 

 

 

高齢者や一人暮らしの女性では、処分をするのは難しいので、不用品回収業者へ依頼する確率も高くなります。デジタル放送に移行した前後は、不用品回収業者も忙しかったようです。なにしろ、テレビの買い替えなどで、古くなった不要なテレビを処分する人が多かったからです。

 

 

 

しかし、このことにかこつけて、不当に高い金額を請求する業者もあったようです。格安でテレビを引き取ります!というチラシを見て頼んだものの、1台につき8000円も取られてしまったなんて人もいるようです。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2012/03/01 15:42:01

むかしは不用品が出れば、マイカーに積んで適当なところへ捨てたり、生ゴミと一緒に電化製品などを捨てている人もいました。え?!と思われるかもしれませんが、つい最近までこのようなやり方をしている人もいたのです。

 

 

 

しかし、今ではリサイクルやエコ活動がさかんになっていることで、不法投棄をする人も少なくなってきました。また、リサイクル法などの規制もあることから、勝手な処分ができなくなってきています。

 

 

 

きちんと粗大ごみをリサイクルすることで、地球環境を守ったり、資源の無駄遣いを減らすことができるので、不法投棄しないという一人ひとりの自覚が必要なようです。

 

 

 

不用品が出たら、きちんとした不用品回収業者に依頼することでリサイクルが可能になります。そのためにも、不用品回収業者を利用することはとてもいいことだと思います。

 

 

 

しかし、料金が高いというデメリットがあります。電化製品以外の粗大ごみは、費用の安い自治体の粗大ごみ収集を利用して、自治体が対応していない電化製品は、不用品回収業者などに依頼するのがいいでしょう。

 

 

続きを読む≫ 2012/02/17 15:40:17

廃品回収を業者に委託する場合、通常は見積もりの依頼をすることになる。この時、だいたいの料金を知るために、電話やインターネットを使って、見積もりの依頼を行うのが一般的である。

 

 

 

ところが、電話やインターネットで見積もりの依頼をして、実際に作業依頼をしたところ、当初の見積もりよりも高い費用を請求されたというケースも多数、報告されている。もちろん、実際よりも安い見積もりを出して、作業を請け負って、後から取り返しのつかない状況で、両機を引き上げるという悪徳業者もいるかもしれない。

 

 

 

しかし中には、依頼をする方に問題があるからというケースもある。つまり、正しいゴミの量を伝えなかったことから、当初の見積もりよりも高い価格を請求されてしまうというパターンもあるわけだ。

 

 

 

もし見積もり依頼をするときには、正しい量を把握してから依頼をするようにすべきである。ダンボール箱の中に入っている廃品であれば、きちんととりだして、中身のサイズを調べてから、見積もりを出せば、支払額が違うというトラブルを避けることができる。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/11/17 20:32:17

引越を繰り返していると、引越の時に荷づくりをした段ボール箱がそのままの状態で保管をされているということもあるかもしれない。そして次の引越しの時にダンボール箱を取り出して、「どうせまた使わないだろうから、今回処分をしてしまおう」と思う人もいるかもしれない。

 

 

 

この時、そのままの状態で、廃品回収業者に処分を依頼すると、通常よりも割高の費用を請求される可能性が高い。

 

 

 

ダンボール箱の中には、いろいろな不用品が入っていることが想像つく。それぞれの不用品の処分方法は、燃えるゴミと燃えないごみのように、処分方法が変わってくる可能性も十分に考えられる。

 

 

 

ダンボールに入ったものをそのまま処理依頼をすると、業者の方で、ゴミの分別をしないといけなくなってしまう。この分別の手間が、料金の中に上積みされることになるわけだ。

 

 

 

よって、ダンボール箱から不用品を取り出し、自分でごみの分別をしてから、業者に処理をしたくした方が、料金を安上がりにすることができる。

 

 

続きを読む≫ 2011/11/03 20:32:03

たくさんの大型の不用品や廃品が出てくるパターンとして、引越の作業時が挙げられる。最近では、引越業者も日本各地にたくさんある。そこで、業界内の競争に生き残るために、各業者とも、いろいろなサービスを展開している。

 

最近、横浜でカーテンを発見したので行ってきました。

 

中には、引越に伴って、不要になったものを回収するというサービスを実施している引越業者も、少なくない。引越業者に廃品や不用品の回収を任せれば、作業自体は、効率性が高まるかもしれない。しかし費用の面で言うと、引越業者の行っている廃品回収サービスは、決してお勧めできるものではないということも、理解をしておいた方がいいだろう。

 

 

 

引越業者の不用品回収の価格については、不用品回収を専門的に行っている業者と比較すると、総じて割高の傾向がみられる。

 

 

 

よって、引越の作業は引越業者に任せ、不用品回収についてはプロの不用品回収業者に任せた方がいい。その方が引越に伴う費用を節約する効果をより高くすることができるからである。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/10/20 20:31:20

不用品や廃品を処分する場合、不用品や廃品の大きさや量で金額が決まるところがある。ということは、不用品や廃品の量を減らすことで、少しでも回収費用を少なく抑えることができるようになる。

 

 

 

例えば、まとめて不用品回収をする場合には、民間の廃品回収業者に委託をしないといけなくなる。しかしひとまとめにした場合には、自分で処理をし切れないかもしれない。

 

 

 

ところが、個別の不要品ということで見ていけば、自分で何とか処分をすることができるものもあるのではないだろうか?もし個別の廃品を見て、自分で処分可能というものがあれば、自治体に依頼をするといいだろう。
そうすれば、費用を安く浮かせることができるようになる。

 

 

 

また中身をよく確認をしてみよう。例えば、冷蔵庫などの場合、中に食品の数や残った食材が混じっていることはないだろうか?これらは、生ごみなどとして処分をすることができる。そうすることで、ごみの量を減らし、料金を安くすることもできるかもしれない。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/10/06 20:30:06

不用品の回収については、地方自治体でも行っている。一方で、民間でも不用品回収業者や廃品回収業者が、いろいろと活動を行っている。費用の面で比較をした場合、民間の方が割高になってしまう傾向が強い。しかし使い方によっては、民間の廃品回収業者の方が便利というケースもある。

 

 

 

例えば、引越をするときには、不用品が一気にまとまって出てくる可能性がある。このような不用品や廃品を一気に処分をするときには、民間業者に委託をしたほうが、作業を早く完了させることができる。

 

 

 

民間業者の場合、たいていはスタッフが何名か来ることになる。彼らが処分の作業を請け負ってくれるので、こちらの負担を最小限にすることができるわけである。

 

 

 

また、不用品や廃品の中では、大きすぎて、なかなか独力では処分をすることができないものもあるかもしれない。その場合には、玄関までもっていくことも難しいというケースもあるだろう。地方自治体の場合には、取りに来てくれないが、民間の場合には、運び出しの業務も請け負ってくれるので、重宝する。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/09/22 20:30:22

廃品回収の中でも、処分の依頼が多いものとして、家具類の処分が挙げられる。もし家具類の廃品回収を依頼したら、どれくらいの費用負担を想定しておいた方がいいのであろうか?

 

 

 

港区にある粗大ごみ受付センターで発表されている粗大ごみ手数料一覧によると主な家具類の処分費用について、明示されている。家具の種類によって、かかる費用は多少変化するので、注意したいところである。

 

 

 

布団は、300円程度で処分を依頼することができる。しかしシングルベッドになると900円程度の費用負担が必要になってくるようである。またベッドとマットの処分費用は別途であり、ベッドマットだけを処分するのでも900円の費用が必要になる。またダブルベッドになった場合には、マットなしでも、1600円程度の費用の負担をしないといけなくなる。

 

 

 

さらにソファも一人用の場合には600円程度の費用負担となるが、2人以上で使うような大型のソファの処分を依頼する場合には、1600円程度かかってしまう。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/09/15 20:29:15

廃品回収というのは、一般の人からすると、あまり耳慣れない業務ということができるかもしれない。

 

 

 

そこで、もし廃品回収の作業を依頼する場合、提示された金額が妥当なところなのかどうかということが、今イチ把握することができないというケースもあるだろう。そこでもし廃品回収を依頼するのであれば、値段の相場をあらかじめ理解をしておいた方がいいだろう。

 

 

 

粗大ごみ回収センターと呼ばれるところが、各自治体には用意されている。そこで、不用品の処分にかかる費用を明示されている。平成21年に発表された港区の粗大ごみ手数料一覧によると、主要な家電製品の料金な設定は以下のようになっている。

 

 

 

基本的に家電製品であれば、300円で回収をするのが一般的のようである。ガスコンロや電子レンジといった、比較的大きめの粗大ごみの回収費用についても、300円で請け負っているようである。ただし、テレビやエアコン、冷蔵庫は、リサイクル料が加算されるので、これよりも割高になる。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/09/08 20:28:08

廃品回収業者をどこにしようか迷った場合には、「一般廃棄物収集運搬許可」という証明があるのかどうかを確認するといいだろう。一般廃棄物収集運搬許可とは、市町村単位で発行されている許可証で、市町村における不用品の回収をすることができるものである。

 

 

 

しかし中には、一般廃棄物収集運搬許可の発行を受けていない業者が、潜りで仕事をしている場合がある。そのようなもぐりの場合、後でトラブルになる可能性も高い。きちんと廃品回収の手続きを経ないで、廃品の処分をしている可能性も否定できない。また、家電などの処分もどこで行っているかわからないので、処分を依頼した後も、いろいろと不安な面がある。

 

 

 

 

 

そこで、業者に依頼をするときには一般廃棄物収集運搬許可を保有しているかどうかについて、確認をすべきである。しかも口頭だけで確認をするのではなく、許可証などの書面で持って確認をしておくことが重要である。曖昧な返事しかしないところに、作業を委託すべきではない。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/09/01 20:28:01

廃品回収業者に、廃品回収を委託するときには、たいては見積もりを取って、依頼をすることになる。この時、通常は一定の範囲内で料金が収まることが多い。

 

 

 

しかし一部業者の中には、相場よりもかなりの安い価格で廃品回収の業務を請け負っている業者もあるかもしれない。安いとどうしても、そこに依頼をしようと思ってしまいがちであるが、依頼をしないほうが無難といえる。

 

 

 

ほかの業者と比較をして、異常に安い料金提示をしてくる業者は、どこかで不法なことを行っている可能性が高い。例えば、本来の不用品の処分の手続きを経ずに、例えば不法投棄をして処分をしているというケースも考えられる。

 

 

 

ここまでなら、依頼をしたほうに実害は生じないかもしれない。しかし中には、廃品から個人情報を抜き出し、それを業者に売りつけているというところもあるという。特にパソコンなどの場合には、専用の手段を講じれば、いろいろな情報を抜きとることができるので、注意が必要である。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/08/25 20:27:25

不用品回収業者に廃品回収を依頼する際をつけたいのは、特に料金面だ。

 

 

 

少なくとも東京でこうした業者を頼むと、たまに見積もりも出さず、事前の料金提示なしに請求されてことがあるのだ。私自身のなんどかこうした業者に依頼したのだが、兎に角、どんぶり勘定というイメージである。

 

 

 

不用品回収さえしてもらえばいいとは思っているが、中には、それを不法投棄するような悪質な業者も居るらしい。これは東京に限らず、全国の消費者センターへの報告としてあったものである。

 

 

 

なので、事前にしっかりと料金についての確認を行い、おかしな場合は消費者センターなどに相談していく方が良いだろう。

 

 

 

また、業者と話す際には、流されるままに、話をあわせず、駄目なものは駄目という態度を示す事も必要です。

 

 

続きを読む≫ 2011/06/09 22:38:09

東京の不用品回収業者の数は年々増加しているらしい。しかし、一口に不用品回収業者といっても様々である。産業廃棄物まであるかえる業者のあれば、ただの便利屋レベルのものまで大小の違いもさらに大きい。

 

 

 

圧倒的に数が多いのは便利屋で、これはもともと何でもやっていた業者が、不用品や、リサイクルに目をつけた感じである。

 

 

 

特に人の出入りが多い東京ならではの仕事とも言える。引っ越しの手伝いもやれば、その後の後始末の掃除、不要品回収と、すべてあわせて依頼を受けているような場合も多い。トータルのサービスで見ると、便利屋も悪くはないところの多いのだが、問題は一部に心無い業者が存在すること。

 

 

 

見積もりがいい加減だったり、その見積もりの金額以上を請求したりと、消費者センターなどに相談がいくようなケースは大体子の手の業者である。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/05/30 22:38:30

以前、大阪市で単身赴任をしていた際に、引っ越しゴミの処理が面倒で業者を呼んだことがあった。近くで不用品回収の業者を探したのだが、実に色々な業務をやっているのだとおどろいた記憶がある。

 

 

 

不用品回収、そして、粗大ゴミの回収ならわかるのだが、遺品整理や、引っ越しそのものまで手伝うという業者もいて驚いた。他ではあまり見かけたことがないのだが、中でも遺品整理というのは本当に需要があるのかも不思議だ。

 

 

 

 

 

大阪市独特のものなのかわからないが、広告を出しているということはそれなりに需要があるのだろう。遺品というと価値のあるものというイメージがあるが、きっと、実際には、遺族にとって価値がないもの、という場合が多いような気がする。とは言え、故人であるので、とても不用品とはいえないという感情的な理由があるように思う。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/02/10 15:45:10

最近はインターネットの普及もあって、ホームページで宣伝を行う不用品回収業者が増えているようだ。かつては流しの業者に壊れた家電などを引き取ってもらったような事もあったが、今はそういうことはほとんどないのではないだろうか。

 

 

 

確かに都心などは見事に高層化していて、ああいう牧歌的な姿は馴染まない。どう考えても、港区で不用品回収業者が軽トラで走っている姿など想像もできないだろう。

 

 

 

インターネットであれば、不特定多数の人にサービスを紹介でき、必要な人からコンタクトを受け付ける事が可能だ。港区だろうが、埼玉だろうが、引き取り可能な場所であれば、これでピンポイントに引き取りに行くだけですむわけだ。

 

 

 

昔のような労力が少ないが、その分競争も激しいので業者にとってはなかなか大変だろうが、利用者にとっては非常に便利な世の中になったのだと感じるばかりである。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/01/25 16:08:25

ごみや廃品回収のやり方というのは、地域が違っていても共通する部分も多い。

 

 

 

確かに分別するごみの種類が多いところ、少ないところという差はあるが、行政の取り組みとして、ごみ問題を真剣に考えていない市町村はない。

 

 

 

例えば茨木市のホームページなどはごみ処理について非常に詳しく書いてある。地域のゴミだしのルールや、廃品回収の日などはどこも掲載している事項であるが、それ以外のゴミの出し方、粗大ゴミなどの場合の連絡先と手順など非常にわかりやすくまとめられている。

 

 

 

これは茨木市に限った話ではないとは思うが、ゴミの問題はそれだけ深刻で、市民も協力して行うべきことなのだと思う。環境のためにも、こうした話は人事ではない。一人一人が意識を持って対処していく事が必要なのだ。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/01/25 16:08:25